陰茎増大術の術後の生活ついて

男性自身を増大させる陰茎増大術は、亀頭の体積アップを目的にした施術です。
亀頭周辺部にヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入することで亀頭外周を増大させます。
男性自身の大きさに悩む男性は多いので施術例はたくさんあり、多くの場合患者さんに好評を得ています。
陰茎増大術は、確かな知識・施術力を持つドクターが行なえば、安全で確実に効果が得られるもので、多くの経験があって安心・信頼して治療を任せられるクリニックを選択することが重要です。

陰茎増大術は陰茎の局所をサイズアップさせ、女性の喜びに直結します。
また陰茎に注入する方法によっては感度を鈍らせることも可能ですから、早漏気味の人にも効果のある施術です。術中の痛みは麻酔を行なますのでほとんど感じることがありません。
場合によっては2段階で麻酔を行いながら施術しますので、安心して臨むことができます。

術後は多くの場合セックスは数日できませんが、当日からシャワーを浴びることができ、その他はほとんど普段通りの生活を営むことができますし入院も必要ありません。
また増大効果も、注入する材料によって異なりますが数年程度持続します。
これは注入する材料で決まることになりますが、患者さんの体質などによって決定されます。
また健康保険の適用外ですので、その点についてもカウンセリングの際、十分に話し合っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です